職種による違いが大きいエンジニアの年収

エンジニアは人によってかなり年収に違いがあり、200万円程度から2000万円に近い人もいるのが事実です。これほど大きな違いを生んでいるのは、本人がどれだけ仕事に時間を費やしているかによる影響もあり、年収が極めて低い人たちはフルタイムで働いていない場合があります。しかし、平均年収が560万円程度となっているのに対し、1000万円以上稼いでいる人も多いのには理由があるのです。
職種ごとに傾向が大きく異なるのがエンジニアの特徴です。システムエンジニアは分野が違っていても、あまり年収に大きな差はありません。大企業の方がやや高く、外資系の企業の方がより高めという傾向はありますが、数百万円単位での違いはないのが実情です。
大きな収入を得られる職種として知られているのが上位職に相当するコンサルタントや管理職で、1000万円クラスの年収を目指せます。コンサルタントは単価が高いだけでなく、時間外労働も比較的多いのが年収を上げる要因です。管理職は時間外労働手当がないですが、そもそも単価が高く、プロジェクトマネージャークラスになると年収が飛躍的に上がります。
また、フリーランスをするエンジニアもいますが、この場合には本人の努力による影響が顕著です。単価の高い案件を必死にこなしている人は、やはり1000万円程度の年収の獲得に成功しています。逆にプライベートを優先している人の場合、平均年収に到達していないことも珍しくありません。
エンジニアとして活躍する際の年収は気になる!IT業界の収入でも詳しく語られていましたので、参考にしてみてはいかがでしょう。