時間単価が上がらない場合の基本対策

エンジニアの年収は、幅が広いことで知られています。長時間労働をすることで稼いでいる人もいますが、高い時間単価で稼いでいるエンジニアも多いのが実情です。もし単価が上がらずに悩んでいるなら、実力を向上させるように取り組みましょう。
どの程度活躍できるかに応じて、企業側は単価を決めます。エンジニアの価値を大きく分けるのは、スキルセットと実績です。実績は一朝一夕にして増やせるものではないので、積極的に新しいスキルセットを習得するのが基本対策になります。どんなものを手に入れるべきかが問題ですが、人によって習得すべきスキルセットは違うので注意が必要です。
まずは、これまでのキャリアを棚卸しして、自分の能力について客観的に整理しましょう。そして、何を追加すれば大きな魅力が生まれるかを考え、それに適合しているスキルセットを選ぶのが肝心です。その際に重要なのが、自分の感性だけで判断してしまわないことで、世界的なITの情勢を確認しておく必要があります。
これから必要になる能力を持っているエンジニアほど重宝されるようになるため、今現在から少し先の未来に必要になるものは何かを分析することが大切です。さまざまな方向性でITは進展していくので、自分の今までのキャリアを生かせる部分が見つかるでしょう。その領域で活躍するためには、どんなスキルセットがあると有望かという視点で自分を成長させると、時間単価を上げていくことができます。