SIer出身で年収を上げるエンジニア

エンジニアが初期に選ぶ職場として多くなってきているのがSIerです。SIerでは、クライアントの要求に応じて適切なシステムを開発して納品するのが主な仕事で、クライアントへの営業やフォローが中心的な業務になります。営業を伴うことからしばしば激務になりますが、その割には給与が少ない現場も多いのが実情です。
しかし、エンジニアの中には、SIerでの経験を最大限に生かして将来の役に立てようと考えている人も少なくありません。将来的に年収が上がるなら、若いうちは努力をしようと考えてSIerを選んでいるのです。
このような事例として、転職により年収を上げているケースがあります。上流工程の業務を徹底して行えるのはSIerのメリットで、その場で培ってきた能力を生かしてITコンサルタントになっているというのが典型例です。独立してITコンサルタントになるというパターンもあり、同程度の努力こそ必要になるものの、年収は飛躍的に上がっています。
コンサルティング会社が増えてきている影響で、優秀な営業力を持っているエンジニアは転職しやすい状況があり、このようなキャリアパスを考えて成功する事例も増えているのが現状です。SIerからの転職は必ずしもコンサルタントだけではなく、システム開発を行っている企業は全般的に候補になります。上流工程で高い能力を発揮できるエンジニアは重宝されているため、転職により年収が上がる事例も多いのです。